お歳暮・お中元・お年賀などの贈り物、香典返しなどの仏事に、わさび・わさび漬専門店の老舗野桜本店のわさび漬けを産直通販で・・・。

いますぐ購入はこちら ご家庭用定番セット小瓶セット小鉢セット六角瓶セット高級ギフト季節限定品銘茶送料込セット特別品

◆知って得!

  • こちらのコーナーでは、当たり前ように使っているのですが、
    いざ本当の意味を問われると「!?」となってしまう言葉をご紹介いたします。
    皆様のお役に立てるでしょうか?
暦ライン
お中元
  • お中元(中元)とは、暦日の他に季節の移り変わりを表現するための雑節、”三元(上元・中元・下元)”のひとつで、旧暦7月15日を指します。
    道教の行事が日本に伝わり、盂蘭盆[うらぼん]の行事と習合し、半年間無事に暮らせたことを祝い、祖先の霊を供養する日となっております。
    両親に食べ物を送る習慣が、目上の人やお世話になった人にも贈るようになり”お中元”という言葉ができたそうです。
暑中
  • 暑中とは、いわずと知れたことですが、1年で最も暑さが厳しいとされる時期のことで、暦の上では、夏の土用[立秋の前日までの約18日間]をいいます。
    ただ実際、立秋といっても8月7日あたりですので、それ日以降も暑い日は続きますね。
お歳暮
  • お歳暮(歳暮)とは、年の暮れ、1年の終わりを告げる季語で、12月の季語として使われています。
    一般には、暮れに世話になった人に対し感謝するなどの歳暮周り(せいぼまわり)と呼ばれる年中行事に贈り物がされ、この贈答品がお歳暮と呼ばれています。
    現在では「歳暮」「お歳暮」といった場合、この贈答品、または贈り物の習慣を指すことが一般的ですね。