お歳暮・お中元・お年賀などの贈り物、香典返しなどの仏事に、わさび・わさび漬け専門店の老舗野桜本店のわさび漬けを産直通販で・・・。

いますぐ購入はこちら ご家庭用定番セット小瓶セット小鉢セット六角瓶セット高級ギフト季節限定品銘茶送料込セット特別品

◆歴史・由来

長年ご愛顧戴いております当店の歴史と野桜の姓の由来についてご紹介させて頂きます。

歴史
創業以前 先祖は、久能山東照宮近くの久能青沢村で代々農業と小さな造り酒屋を営んでいたと伝えられております。
安政5年[1858年] 初代 野桜長蔵が駿河府中の馬場町(静岡市葵区馬場町)にて
”柿渋””わさび漬け””お茶””みかん”等、地元の農産物の商いを始める。
  • 屋号は「柿長」
  • 店主在任期間:安政5年〜明治8年
明治8年[1875年] 二代目 野桜松蔵が店主となる
  • 屋号は「柿長」
  • 店主在任期間:明治8年〜明治40年
明治40年[1907年] 三代目 野桜乙蔵が店主となる
店舗・工場を現在の葵町に移転する
  • 屋号は「柿長」
  • 店主在任期間:明治40年〜昭和5年
昭和5年[1930年] 四代目 野桜鏗一が店主となる
商いをわさび漬けとお茶に絞り、屋号をお茶部門は野桜商店
わさび漬け部門は野桜わさび店とし、わさび漬け部門に尽力を注ぐ。
  • 店主在任期間:昭和5年〜昭和47年
昭和23年[1948年] わさびみその販売開始。辛さの苦手な方への商品を開発
昭和47年[1972年] 五代目 野桜雅敏が店主となる
屋号を野桜本店に改名し、一般小売・通信販売・百貨店物産展販売に
尽力を注ぐ。
  • 店主在任期間:昭和47年〜平成27年
昭和48年[1973年] わさびのりの販売開始。後に、佃煮のりブームもあり、爆発的に売れる
昭和50年[1975年] わさび漬けを辛口わさび漬並口わさび漬の2種類に分ける
昭和55年[1980年]
  • 高島屋様(大阪店・東京店・京都店・横浜店)の食料品文化催事
    「グルメのための味百選」
    に選ばれ、初めて物産展に出展する。
    [第1回より連続出展しています。]
  • 初の全国放送出演
    NTV「ズームイン朝」の日本一のコーナーにて当店のわさび漬けを紹介して戴きました。
昭和56年[1981年] 静岡駅ビル パルシェ食彩館に野桜本店パルシェ店をオープン
昭和58年[1983年] 安倍のせせらぎの販売開始。 [わさび茎新芽の三杯酢漬]
昭和62年[1987年] わさび・わさび漬けへの功績が認められ、四代目 野桜鏗一が勲六等 単光旭日章を受領
平成7年[1995年] NHK「男の食彩」のメインでこだわりのわさび漬けとして紹介して戴きました。
平成9年[1997年] 味は千両(商標登録)の販売開始。 [数の子・奈良漬の刻み入りわさび漬け]
平成10年[1998年] 花葵の販売開始。[わさび花茎の三杯酢漬]
平成11年[1999年] 激辛口わさび漬の販売開始。お客様のご要望により、わさび根の含有率36%のわさび漬けを開発
平成13年[2001年] ネットショップわさび漬けの野桜本店をオープン。通信販売強化の一環としてネット販売に力を入れる。
平成14年[2002年] 胡麻入わさびみその販売開始。
平成15年[2003年] 椎茸入わさびのりの販売開始。
平成23年[2011年] 六代目初作品「匠技わさび漬」を高島屋様にて限定販売。
平成28年[2016年] 法人化に伴い、株式会社野桜本店に社名変更。
代表取締役に六代目 野桜行宏 就任。

言い伝え 野桜というのは、非常に珍しい苗字で、地元静岡でも数件でございます。
その昔、徳川家康がまだ今川義元の人質であった頃、今川軍の一員として出陣していたところ、甲斐の武田軍に追われ、久能青沢村の当家に逃げ込み命拾いをされたそうです。
それから何年か経ち、天下統一をされ、駿府城にご隠居された折、当家にお立ち寄りになり、褒美として町人でありながら「野桜」の姓を与えられたと言い伝えられております。